トランスメディア提供アイコン01 啐啄同時

朝起きてから、寝るまで、ほとんどスペイン語をしています。
が、あまりストレスはない感じ。夜は、クラスで集まり勉強会。グループでの作業の意味を再確認しています。

今日から予防接種開始。今から沢山、ブスブスと打っていきます。

語学の授業の合間に、講座があります。
沢山書きたい事あるけど、時間がないので。。。

これを、啐啄同時
啐・・・・卵の中が雛が出ようと鳴き、つっつく様。
啄・・・・卵の外から親鳥が雛を出そうと、つっつく様。
これは、同時でなければ生まれることはできない。

jicaボランティアは、こうで、あれということでした。

国際協力の講義は、今まで知らなかった事が沢山で興味深い。
実際は、眠気をこらえて、必死で聞いていますが、自分の無知さを知ります。

現在、jicaボランティアは、世界中に3,356人いるそうです。
若者が、ボランティアに行くのは、相手国の発展および日本の発展(かえってきて還元)を狙っているらしい。
だから、2年という短期間なんですね。
[PR]

by power_of_youth82 | 2010-10-12 22:46

<< 宗教・誕生日・避難訓練 休みに考える。 >>