トランスメディア提供アイコン01 日本語教室(大学生版)

前回市民向けの日本語教室に来ていた生徒が、自身の学校で日本の文化紹介や日本語についての講座を開いたとの話を聞きました。

予想もしていなかった有難い知らせです。

素直にうれしいです。




さてさて、 日本語教室パナマ工科大学版がスタートしました。

パナマではトップクラスの大学です。

今回は自分たちが日本語教室を行っているという情報をゲットした大学の職員さんからの依頼で始まりました。

広報活動、資料の準備まで全てしていただき、さらには日本語教室で必要になった物品は全て支払うからまで言われました。

段取りをとってくれていたのは、アメリカ人の大学職員さん。パナマ人と結婚してパナマに8年住んでいるらしい。

忙しそうに働く彼女。日本語教室の段取りまで引き受けて、仕事が増えるだろうに。 単位ともカリキュラムとも何の関係もない日本語教室をパナマの生徒たちに提供するために、仕事を増やす彼女は本当にスゴイ!!!



趣味の日本語教室だったのに、、、、本当に有難い事です。



ということで、今回集まった生徒は30名。
b0208803_4435338.jpg

日本語をすでに知っている人も多かったです。
b0208803_4524681.jpg


初回の今日は、自分たちにも余裕が出てきたことと、大学生も飲み込みがはやく、意欲的であったこともあり、笑い沢山の楽しい講義になりました。
b0208803_448198.jpg

お辞儀の練習に、『頭がぶつかるよ~~』と大笑いしている生徒達。


楽しい日本語教室になりそうです。


大学のキャンパスには、若い学生がたむろっていて楽しそうでした。

中には、車椅子の学生さんもいました。校内はバリアフリーとまではいきませんが、比較的平坦な作りとなっていました。



大学では短時間の間に、顔見知りのパナマ人5人に偶然会いました。

知らなかったけど、皆工科大学の学生さんでした。

パナマに住んで、たった一年ちょい、ホントに良い出会いに恵まれきてるな~~と実感。



今回の学生さん達も、素敵な感じの子達ばかりです。
[PR]

by power_of_youth82 | 2012-04-13 04:14

<< プリン プリン プリン サンブラス諸島旅行 >>