トランスメディア提供アイコン01 <   2011年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 日本からの宅配便

日本の母より荷物が届きました!!

饅頭や本(待望‘脳を学ぶ3‘)、レトルトカレー、ビタミン剤(必須)などなど・・・

こんなにも心弾む、段ボールの開封を今までしたことがあっただろうか?!

テンションあがりました

早速、他の隊員と抹茶オレのみました・・・・

おいしかった・・・・・・・・・

そして職場の同僚に饅頭配りました。

小さな小さな饅頭を丁寧に味わって食べてくれて、

娘にも味あわせたい!! とか言ってくれました。 好評でした。

最後にパナマの母(←本人がいつも言っています)との写真。
b0208803_9441528.jpg

日本の母がパナマの母に送ってくれたアクセサリーとともに。


すごく喜んでくれた、日本語で書いたタグをつけたままにしておくと言っていました
[PR]

by power_of_youth82 | 2011-07-27 09:41

トランスメディア提供アイコン01 私の住む街

たまに、たまに? スペイン語を勉強したり、

仕事の続きをするため街にある図書館に行く、

エアコンも程よくきいていて、快適な場所。

なんと無線ランもとんでいて、日本からもってきたアイフォンも使える。

まぁ、そのおかげで勉強がはからどらないという説もあるが・・・・

お世話になっている場所。
b0208803_1249493.jpg



図書館の隣りでは、トラック一杯にパイナップルをうっていて、

甘い香りが漂っている。

一個 200円もしない。 安い!!!!!!! 
b0208803_1333765.jpg



図書館の後ろの方には市場がある。

もっぱらスーパーに行くので、市場はあんまり利用することがないが、

たまに何売ってんのかな~~??って見物のみする
b0208803_12532297.jpg



帰り道ではサトウキビジャースを売っている

サトウキビを機械で絞ってだす、

まさにフレッシュジャース。

結構 人気でいつも人々が買っているので

この前、、とても、とても楽しみにして買ったけど、

甘~~い ではなく 青臭ーーい味がして

まるで青竹絞ったんじゃん??!! みたいな 香りが口いっぱいに広がり

全部のめなかった。

ちなみに、この店というかトラックの周りというか、きっと機械の中あたりまでに、凄く沢山のハチが蜜をすいにやってきている。
b0208803_1259185.jpg

[PR]

by power_of_youth82 | 2011-07-22 12:44

トランスメディア提供アイコン01 自転車伴走者

今日は活動先に盲目でありながら自転車でパナマを横断している人がやってきた。
b0208803_1223327.jpg


この方を迎えるために、ここの先生方は数日前から準備におわれ、学校は休校となっていて、

自分の患者も来ず、

本当に暇な日が何日かあった、

日本で隙間なく患者をみている友達には悪いが

暇~~~過ぎて、暇すぎて、ハッキョウしそうになった

1分が10分みたいだった。


で話は戻るが、盲目で自転車をこぐため自転車は二人乗り

伴走している人は、ヨーロッパで自転車の選手として活躍していたパナマ人で、

自転車の事故で今は回復を兼ねて伴走をしているとのことだった。

障がい児にもとてもやさしく

話をしていて色々刺激をもらった。

暇~~~~はキツイが

色々な職種の人と出会い、色々な刺激がもらえて

そういうのって贅沢だなって思った、

b0208803_12372194.jpg


マラソンでも盲目者の伴走ってあるが、

そういえば、一瞬それをやってみたいと思ったことがあることを思い出した。

今となっては、そんなに走っていないから、引きずられてしまうだろうが・・・・・・
[PR]

by power_of_youth82 | 2011-07-20 08:57

トランスメディア提供アイコン01 給食

パナマの給食を紹介します

といっても、学校は朝から昼までなので10時のおやつですが、

このおやつはお腹のたしにもなるし、

貧困家庭の生徒の栄養補給にもいちやくかっています。


今日のメインは、小麦粉・牛乳・塩・砂糖少々をまぜて揚げたもの 

って言ってましたが

砂糖大量に入れてましたが・・・・・・・・・
b0208803_11581463.jpg

b0208803_1215864.jpg


これは飲み物で、トウモロコシの粉・牛乳・大量の砂糖を煮込んだもの
b0208803_1234482.jpg

お気づきでしょうか?

栄養かたよりまくりのメニュー

そして太りそうな材料

でも、暑い国ではこのぐらい栄養取ってないともたないみたい。

実際、自分も最近は10時頃になるとお腹がすいて

わざと食堂をふらつき

「味見していく?」の一言を待つようになりました

という事で、体型も若干パナマ化

b0208803_1253621.jpg

[PR]

by power_of_youth82 | 2011-07-19 11:40

トランスメディア提供アイコン01 最近の休日写真

なでしこジャパン優勝!万歳!!

粘り強さに感動したーーー。

ということで今日はネットで、ドイツからの中継を見ました。

ドイツ語なんもわからんかったけど、おもしろかったーーー


昨日と今日はリハビリ用の玩具作りに専念。
b0208803_1002958.jpg

汗だくになりながら、のこぎりギーコー、ギーコー042.gif

2年間で、趣味は日曜大工です。 って言えるようになろうかなぁ・・・

街を歩き回り材料集めたけど、なかなかいい形の木とか適当な物が無くて

日本の100円均一の有難さを実感。



この間は他の隊員とパン作りをした。

パナマのパンはどれも相当美味しくない

期限はやたら長いんだけど、

化学的な味つけがしてある  気がする

防腐剤の大量混入としか思えん

ということで、それより美味しいパンをつくってやる!!と挑戦047.gif

オーブン発酵機能がないので、ごみ袋に包んで外に出して発酵。
b0208803_1019573.jpg

エコですな。

オーブンの火加減も最悪。質悪すぎ・・・

でも、なんとか出来たけど。
b0208803_1023367.jpg

無塩バターがなかったため、かなり塩辛くて、

見事にパナマのパンに敗北021.gif



いつだったか、パナマの友達の誕生日会に参加024.gif

10代の学生が沢山でノリノリ070.gifだった。
b0208803_1032840.jpg

歌え、踊れってしつこくて

逃げ回りました。

丸ごと鶏肉さばきも、当たり前になってきたよ045.gif
b0208803_10422876.jpg


だいぶ前のお祭りの写真もついでに。
b0208803_10595274.jpg

b0208803_19343111.jpg

b0208803_19563450.jpg
b0208803_1959712.jpg

[PR]

by power_of_youth82 | 2011-07-16 09:51

トランスメディア提供アイコン01 注意の能力2

自分は瓶のビールが嫌いである

というのも、上司などと飲む時にお酌をするのが結構めんどくさい。

生ビールの方がおいしいという理由もあるけど。

上司の話しに注意をむけつつ、周りの人のビールの状況も定期的に確認!確認!

っていうのがとても疲れる。

ましてやアルコールで注意散漫状況になっているのに、というか注意散漫になるためのような

飲み物を飲んでいるのに、気を使う状況をしいられるという矛盾。


でも、日本人はこういう人に気を使うという事が出来てしまう。

気を使える民族であるという事はパナマに来て実感することが多い。


例えばパナマ人は人の話を聞けない。

パナマ人どうしで話していても、携帯が鳴ったり目の前のものが気になると、

そっちに気がそれて話を聞いていない。

あるいは自分が体調が悪くて、これでもかって体調悪いんですけどアピールをしていても気づかず話しかけ続けたりする。


これって注意力の違いにあるのかなって最近思う。


リハビリ中もセラピストは注意散漫だし

パナマの建築物が歪んでいて、ドアが閉まりにくいのも

ペンキが雑に塗られているのも

コンセントが真っ直ぐついていないのも

繊細な料理がないのも

スーパーのレジの人が合いそう振り向きながらレジ打てないのも

ファーストフードの店員の動きが鈍いのも

そういう注意能力のキャパが一原因として向上につながらないのかなっとか思ったりする。


文化の違いと言えばそれまでだけど。


それは発達過程の学習に大きく左右されてるのかなって思う。

例えば、日本の幼稚園児は楽器を演奏したり、劇をしたり、踊りをしたり、常に盛り沢山の学習をしている。

体のバランス、聴覚、視覚、触覚 あらゆるものに配慮しながら一つの事に注意をむけて完成させるみたいな行事が多い。

でも、パナマの場合は違う。

小学校でさえ、どの授業もユルーイ感じでまとまりがない。

体育とかも自由時間みたい。


今、同期隊員が理科の先生として実験の授業の普及に取り組んでいるが、

パナマでは実験の授業がない。

理科の先生ですらアルコールランプや試験管の正しい使い方がわからないらしい。

パナマの先生同士で実験を行うセミナーに参加したけど、その時の先生達の実験に対する注意力の無さに驚いた。

自分が中学生だった頃に理科の実験で何をしたかスッカリ忘れたけど

今、その意味があったのかなって思える。

例えば、アルコールランプの消し方にしても先生の話を聞きながら、かなり集中して消すという作業を学んだ記憶がかすかにある。

思考や発想の基盤となる注意・集中を教育過程で身につけてきたのかなって思う。


日本には学習のために物があり、システムが整っている。

そんな中で勉強でき、発達できた事は本当にありがたいことだったんだなと思う


でも、その注意・集中の能力のお陰で、

勤務時間中は集中し続け、残業にまで集中して、人に気を使いっていう毎日が当たり前というか

それは社会人の絶対条件みたいな感じにもなってるなって思う。


パナマ人をこの状況に置いたら、一日で爆発!ストライキ間違いなし。


日本人は常に色んな物事に注意をむけ集中しているから、ウトウトして眠る人が多い。

脳がヘトヘトなんだろう

でも、パナマの人はあんまりウトウトと居眠りをしない。

バスの中でも暇な仕事中でもウトウトしている人がいないのに驚く。


どっちがいい生活なのかっていうとわからないけど、

ほんとに国の違いっておもしろいなって思う。


そして、今はタコわさびと生ビールが無性に欲しいのです。
[PR]

by power_of_youth82 | 2011-07-15 14:30

トランスメディア提供アイコン01 注意の能力

「注意とは、同時に存在する幾つかの認知(状況)・思考の対象のうち一つに意識の焦点を合わせ、それを明瞭にとらえること」   

この間、マヌエル君という6歳の男の子のリハビリ中に怪我をさせてしまった。

歯ぐきから出血。

事故には日ごろからとても気をつけていて、日本では出血を伴うような事故を起こした事

なかったのに・・・・・

明らかに、自分の注意能力の欠如であった。

現地作業療法士の療法を気にしつつ、スペイン語も考えつつ、活動の内容も考えつつ・・・

と明らかにリハビリに意識の焦点をあてていられなかった結果である。

こっちでは事故報告書とかないのでブログで報告。


マヌエル君はフラフラと歩ける子だけど、背もたれなしの座位を保ち続けるのが難しい。

なんだかいつもボーっとしている。

紙やカードなどをもっち続けて眺めることが好き、というかそれぐらいしか自らしない。

そんな彼に机上の課題をあたえても、覚醒が低下していくか、時々は必死に叩いて抵抗する。

彼こそまさに注意障害を持っている。

でも、そういう子にも机上学習を促し、声かけで集中させようとうする。

これがパナマの方法。

机上で行うこと以外に道具がないという現状もある。


自分たちは会話をしている時やパソコンでブログを書いている時などに、

座っていることなんて少しも意識していない、

ちょうど生まれて6か月だった頃に、意識下での座位に注意をむけて練習した結果だろう


でも彼は未だに注意が必要なのである。

だから、床に座ることは好まず、すぐに横になってしまう。

他に注意を向けるための彼なりの対策だろう

そんな彼には机上での学習は難しすぎて、

自分たちが不貞寝する時みたいに覚醒が低下するのは仕方ない。

そんな彼の脳のキャパの中で、彼なりに試行錯誤して

たどり着いた遊びが 紙をもって眺めることだったのだろう。


物的環境や現地の作業療法士の想い、いろいろな環境を考慮しているうちに

彼に何をしていいのかサッパリわからなくなったあげくの事故で 

考えさせられた。

そもそも注意・集中・覚醒を向上しなければと、そして彼の世界を広げなければと

倉庫に何年も眠っていたであろうバルーン(でかいボール)とりだした。

バルーンの上で座位で跳ねて遊んだ。

見たこともない笑顔ではしゃぐ彼、

その後の作業もしっかり起きて行えた。

机上学習しか行わない現地療法士の考えを前に

バルーンを取り出すのに半年もかかった。

でも、自分にとって大きな一歩である。

バルーンでハシャグ彼をみて、現地作業療法士も笑った。

この遊びの意味を重要性を伝えるにはまだまだ時間がかかりそう、、

でも、残りの任期の間に必ず伝えようと思う。
[PR]

by power_of_youth82 | 2011-07-14 13:42

トランスメディア提供アイコン01 半年が経過して

この間店で買い物してる間にドシャ降りになって、

雨宿りに2軒となりのレストランに行こうと思って

道へ出た瞬間

バッシャン  って凄いスピードで走って行ったバスに水をかけられた。

ドリフのコントかよってくらい、見事に全身びしょ濡れ

タクシーにものれず、レストランにも入れず、20分ほど小川のような歩道を通って帰った

雷と豪雨   少しばかり恐怖体験だった


そんな今日この頃  パナマに来て半年が経過。

6カ月と言うと、赤ちゃんが寝がえり出来るようになる

という事で、日本の友人や兄弟の赤ちゃんもすっかり変わってしまったんだろうな


2年間(24か月)を一日で表すと

朝の6時がやってきた感じか・・・

まだ6時って感じもあるけど、

そろそろしっかり起きて活動しなければって時間でもあるよな

実際いま毎日4時か5時にはバッチリ起きて活動してるし・・・おじいさんみたいな生活。


とまぁ時の流れを日々意識する感じが続いている。

あっと言う間の半年だったけど、

毎日スキップで通勤できるような幸せな半年

ではなく

下を向きたい気持ちをおさえて  前向いて通勤してたなーー

下向いてたら確実にひかれるし

日本にいても、やっぱ仕事は大変だけど

週末になれば  

飲みに行ってとか

マラソン大会に出てとか

好きなショップに行ってとか

できたけど

ここでは飲むっていっても人の家だし、スペイン語ってことで心からリラックス出来ないし

安全なパナマだけど夜8時過ぎて出かけるとかないしな~~

買い物には出てみるけど、1000円しない服は沢山おいてあるけど、

ジャーナルスタンダードとかもちろん無いし

気分転換のもっていきようって難しい  

今まで培った価値観ってそう簡単に変わらないから

求めるものは日本にいた頃の余暇の過ごし方みたいなのになっちゃうし

そもそも半年じゃ良くも悪くも何にも変わらない

変わった事と言えば

・髪型が変!!    自分で切ってるから

・少し肌が黒くなった   この間サーフィン見に行ったから

・パナマの安い服の方がシックリくる   残念

・小さい虫が入った水ぐらいなら平気で飲める

・腹の肉が少したるんだ    こういう変化は早いよな~~

・アリたちと添い寝が出来る   これまた残念

・鏡にうつる自分がオジサン   年のせいかもだけど

・スペイン語が少し聞けるようになった   まだまだ話せないけど

・日本の事を少し考えるようになった


そんなもんかな~~

たいして変わっていない。


変わらないから悩むことも多いんだろうなと思う

ここで行われてる作業療法にも慣れないし・・・

まぁ、そのへんは変わらないでいたいから結局残りの一年半も悩むんだろうな・・・・

でも、もっと広く物事考えなければと度々思う


活動は上手くいかない事が多くて、実は任地変更まで考えていました

すっかり、闇をさまよう感じの毎日でした

じっさい、しょっちゅう不貞寝してたし

と、後ろ向き日記みたいになってきましたが


ようやく活動の方針も決まりつつあり

あとは、スペイン語と目標の活動にむかって努力あるのみ  かな

って感じになりました。

何はともあれ 4分の1が経過

ここで出会った子ども達とずっと過ごしていけるわけではないし、

闇の6か月も 

今もすっごい大切なんだと思う

何かに繋げるために  半年たって何かっていってたら jicaから怒られそうだけど・・・
b0208803_133236.jpg




話はがらりと変わるけど、同期隊員にすすめられて

「永遠の0」

という小説を週末に読んだ。戦争の話。零戦パイロットの話。

リアリティーがあって引き込まれるし、すごく勉強になる小説だった。

分厚い本だけど、なんせ時間があるので一気に読めた。

ありきたりだけど

祖父や祖母が作ってきた日本で生活し、かつ何不自由なくパナマで生活出来てること

ほんと感謝だなと思った。

今しなければいけない事、 今しかできない事、 

そういう事少しずつしていかなければね。


というわけで、後何回浴びればいいんだろう??

と毎日思う冷たい水シャワーすら楽しんで

明日からも頑張ります
[PR]

by power_of_youth82 | 2011-07-11 06:53

トランスメディア提供アイコン01 シリーズ異国で料理:野菜

昨日、近くに住んでいるシニア海外ボランティアの方が食事に誘ってくれて2人鍋を食べた。

ちなみに料理してくださったのは、シニアのかた。

野菜が沢山ないから水たきには玉ねぎや大根をいれて、白菜と鶏肉がメイン。
b0208803_19365685.jpg

ポン酢はないので、酢と醤油とダシで作製。
b0208803_19382819.jpg

これがまさしくポン酢の味で感動!!

このシニアの方の専門は農業で色々話を聞いた。

パナマの野菜は鮮度がわるく、種類も少ない。

しかし、一年中スーパーに白菜があるというのは凄いことならしい。

萎れてるけど、甘味ないけど、パナマの山の方でつくっているらしい。

鮮度でいうと、日本は凄い。

スーパーの野菜はホントにキレイ。

大根とか涼しい朝の3時から抜いて、真空にしてやってくるらしい。

贅沢だよなと思った。

スーパーにあるパナマの野菜とか日本で自分の冷蔵庫にあったら捨ててしまいそうなものまであるもんな。

ということでパナマのスーパーを少し紹介
b0208803_19402939.jpg

b0208803_19414565.jpg

b0208803_19425889.jpg

b0208803_19442395.jpg

b0208803_20057.jpg

沢山虫がついてたり、腐りかけている野菜も結構平気になりました
[PR]

by power_of_youth82 | 2011-07-09 19:25

トランスメディア提供アイコン01

最近は少し寝不足。

なんだかんだと提出物がかさなり・・・・・、眠い

眠気の中、急いで家を出ようとしたら、家の前で亀が寝ていた。

ウケルよなーーー 近くに川ないのに。

亀はいいよな、道に迷っても、甲羅に入って寝ておけばいいんだよな~~~

そんなことを思いつつ出勤
b0208803_10543358.jpg


この間も地域巡回にいった、その日はなんだか朝からやる気がでなく

行く途中のバスの中でもグッタリと寝ていた。

この間、巡回にいったところはこんな場所。
b0208803_10415865.jpg

結構な人数が住んでいる小さな町なのに
b0208803_10494284.jpg

道路舗装されてなくて、ガタンゴトンとかなり揺られて到着。

これから何回か巡回する予定の町。

この町の問題は(自分にとっての)道路の舗装状況ではなく・・・

水が出ない事。

2回ほど行ったけど、いずれも水がなかった。

でも、なぜか水洗便所。

ということで、トイレは先に入った人の状況のまま。

トイレを我慢したくなる的な状況。。。。。


それはさておき、ここで出会ったのは

2歳の重症心身障がい児の女の子

かろうじて寝返りが出来る程度の子で

いつも体はグラグラかつ

手足はバラバラの動きをしている。

抱っこしてもすり抜けて行ってしまう感じだった。

抱っこて一方的に親がしているような気がするけど

親と子の協働作業なのである。

落ち着いて抱けること、落ち着いて抱かれる事

これって、本当に大切なことで

それで親子の愛情が増せる事、それが一つの目標だなと感じた。

この子はかなり田舎に住んでいるようで、2時間以上かけて自分達の評価を受けに来た、

月に一度、理学療法をうけているようだが、

作業療法ははじめてだった。

一回しかないこのチャンスを無駄にできないと思い

ゆっくり時間をかけて観察して

母に発達を促すための子供との遊び方と

今後、変形が出てくる恐れがある点を伝えた。

この子のお母さんは熱心で理学療法士から教わった治療を家でしているとのことで

見せてくれた。

案の定、凄い勢いで手足を動かすリハビリで、子供は泣きじゃくっていた。

ゆっくり動かさないといけないよ ということも伝えた。

パナマのリハビリは子供が泣いても結構無視で・・・

今日はじめて、それではいけないということをパナマ人に伝えた。。。。。

最後に母親が「あなたが住むま街まで行けば、あなたのリハビリが受けれるの??」と尋ねてくれた。

自分が住む街までは3時間以上かかるのに、そういってくれた気持ちだけで、とても嬉しかった。

一気にやる気アップした。


浮いたり、沈んだり、また浮いたり、パナマについてから気持ちが忙しい毎日が続いている。

まぁ、亀のようにゆっくりでも前に進まねばな。。。。 
[PR]

by power_of_youth82 | 2011-07-06 10:10