トランスメディア提供アイコン01 <   2012年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 海辺の村に巡回

職場の巡回訪問で市部からバスで1時間程度かかる海近くの村に行ってきました。

最近、コミュニティが活性化してきた場所で、銀行や保健所など新しい建物でした。

保健所には沢山の人達が来ていました。
b0208803_8172093.jpg

自分が評価した女の子は、明らかにあらゆる面で発達の遅れがあるにも関わらず、どの医者も診断を下してくれないらしく、リハビリを受けていないとのことでした。

そのうえ、リハビリを受けに市部まで出てくる事も交通費の面で難しいと言っていました。

家で出来る事のアドバイスをするにも、あまりにも障がいが複雑で一回では何とも言えませんでした。

継続したフォローが出来ないなんて・・・・・後ろ髪ひかれる思いでした。
[PR]

by power_of_youth82 | 2012-03-31 08:14

トランスメディア提供アイコン01 お母さんとクッション作った

バカンスが終わってからと言うもの、忙しい日々が続いている。

トイレに行く暇がないほど、時間と闘いながら患者をみる日もシバシバ。

マンパワーとして働いているだけでは、パナマに何も残せないが、、、目の前に患者がいるからにはみてしまうし・・・・・

診てと頼まれるし・・・・・・・。

午後からとか時間外に、他の仕事しているけど、なかなか進まないし・・・・


そして、忙しくて、ゆっくり子ども達や保護者と接することができなくて・・・・・・・それもストレス。

子どもの前で、忙しくて、心を亡くすことだけはしたくないのですが、、、、、、、、。

同僚たちは色々な雑用まで頼んでくるし、、、、、、、、頭ショートしそうになり・・

昨日は寝ると決めて、、、、、、、家に帰り12時間以上寝続けました。

たぶん、乾季の暑さもあいまって、ちょっと最近フラフラすることもあったので・・・・・・。

すると、少し体力も気分も回復。

マンパワーとしての活動も、ボランティアの活動も、全部やってのけるぞ!!!!!



昨日、重症児の姿勢ケアのためにお母さんと一緒に作っていたクッションが完成しました。。。

この、どこにでもありそうなクッションですが、ここには売ってないのです。
b0208803_1364424.jpg

使い方教えると、本当に大満足に喜んでくれて、、、、、、そして、他の子のお母さんにもお勧めしてくれました。

と言うことで、次回はその子の評価とクッション作成です!!!!!

姿勢ケアの意識が少しずつ広まることを願って、今日も空いた時間にチマチマ、クッションの中に使うスポンジちぎりしました。

ちょっとずつ、チマチマと前進していきます。



関係ないけ写真だけど、今日は道にロバと馬のあいの子みたいなのが歩いていました。

b0208803_13104169.jpg

[PR]

by power_of_youth82 | 2012-03-27 12:43

トランスメディア提供アイコン01 大使館により日本文化紹介

日曜日に大使館主催の日本文化紹介の手伝いに行ってきました。

自分はパナマ人の名前を漢字に変換して、習字に書いてプレゼントする係。


チョー下手くそな字ですが、喜んでくれました。習字って難しい。
b0208803_12414968.jpg


これでも、子どもの頃習わせてもらっていたのですが、真面目にやってなかったので・・・・・・・。

でも、まぁ習っていたので、何となく書き方とかパナマ人に説明できました。

子どもの頃に色々経験することは無駄にはならないなって思いました!!



そして夜は、大使館の外交官の方と食事に行きました。

当たり前なんだろうけど、外交官の方スペイン語ペラペラだし、凄い努力家だし、気配りとか凄いし、刺激を受けまくりでした。

自分と6歳しか変わらないのに・・・・・・

自分も6年後少しは、あの様な大人になれるよう頑張ろうと思いました。
[PR]

by power_of_youth82 | 2012-03-25 12:27

トランスメディア提供アイコン01 晴れ 時々 ・・・・・??

相変わらず、ちょくちょく停電が起きる。まぁ、それは慣れっこ。

しかし、この間ジムにいっている最中に停電になり、あたりは真っ暗。

仕方がないので、外に出て電気の復旧を待つ事に。星が綺麗だなーーと空を見ていると、、、

少しして電気復旧。

が・・・・・・・、「バチバチ」とと火の粉が振り出した。

電線が燃えているではないか!!!!!!!!!!!!!????????!!!!!!!!!

しばらくして消えたが・・・・

なんともまぁ、火が出ている電線は生まれて初めて見た。

でも、パナマ人は動揺することなく。「前もなったのよーー」って言ってた。

たまに、道でも切れている電線に出会う。恐ろしい・・・・・。



そして、今日。

職場のエアコンをつけたら、大量のアリが降ってきた。

自分の机はエアコンの下で、そして本当に大量のアリだったので、久しぶりの鳥肌ものだった。

エアコンの内部の白い物を食べているらしく、白いものと一緒に降り落ちてきた。
b0208803_456745.jpg



何が降って来るかわからないのもパナマ式なのか。

晴れ時々、蟻。。。。   晴れ時々、火の粉。。。。。 

明日は何が降ってくるかな???
[PR]

by power_of_youth82 | 2012-03-21 04:51

トランスメディア提供アイコン01 メロンのプレッシャー

少し前のブログ「タイトル:その時期の大切さ」に書いた男の子。

明らかにレベルの合っていないクラスに入れられ、男の子の母が私に泣きながら話をしに来たことがありました。

『普通学級に入れるべきだと思う』という私の声が校長まで届き、特別支援学級内にある障がいを持たない子達が通う学級に入ることができました。

クラス編入初日、全校集会の後、そのクラスの制服である赤いポロシャツに身を包んだ彼は、他の友達と電車ごっこのように列をなし教室に向かいました。

母の方を振り返ることもなく、楽しそうに友達とクラスに向かう、そんな彼を母と見送りました。

母は我が子を見ながら、嬉しそうな切なそう表情を浮かべて 「まぁ、みてー」と小さな声で私に言いました。


子の発達を見届ける瞬間を母と共有できる。本当に有難い瞬間だと思います。


今までの母の苦労や心配、プレッシャーなど自分にははかり知ることができません。

自分は週に数回その子に会い、関わる時間なんてほんの少しです。 そして綺麗事をアドバイスすることぐらいしかできません。 でも、成長を一緒に喜ばせてもらえるなんて、有難い限りです。


そんなことを思っていた矢先に、今日急に母がメロンを持ってきてくれました。出かけた先で買ったからと・・・・・・・・。
b0208803_731285.jpg


有難いメロン。 家まで持って帰るのに重たいメロンはプレッシャーの重さです。

日本を発つときにも沢山の保護者さんからお礼の言葉や手紙をいただきました。

身に余るお礼の言葉は、自分へのプレッシャーにすることにしました。頂いた言葉やメロンと釣り合いが取れる様な自分にならなければ。

パナマ国の緩い仕事への価値観の中で、プレッシャーを感じながら緊張感を持って仕事をしていくということが自然に少しずつ減っていってしまいます。

そうではイケナイと思うときに、言葉やメロンを思い出すことにします。



今日、その男の子の教室を窓越しに覗くと他の生徒と輪になりダンスをしていました。皆と同じ振り付けで踊る彼を見て、何だか、何とも言えない嬉しさがこみ上げてきました。



頑張ります!!
[PR]

by power_of_youth82 | 2012-03-19 06:38

トランスメディア提供アイコン01 政府主催のコンサート

今日は任地の市でコンサートがあり、そこでバックダンサーとして知人が踊るということで行ってきました。

パナマの有名歌手のバックダンサーと知り合いなんですよ。この間は、ドラマに出てた元俳優とも知り合いになったし、、、、、ホントパナマは狭いわけです。

b0208803_6505516.jpg


そのコンサートは、社会発達庁(直訳すると)という省庁主催。無料です。

パナマのテレビに出ているトップレベルの歌手たちが来てました。

実は去年もカウンターパートに連れられて行った気がするけど、そんな有名人が出ているとも知らず、ボーーっと見ていましたが・・・・・・・・・・。


今年は、一年も経ったこともあり、この人テレビで見たことある!!!って言う人ばかりでおもしろかった。


大勢の若者(中高生)がコンサートを見に来ており、歌手たちは彼らに「勉強は大事ですよ、沢山勉強しなさいよ」とか「人の為になることをしなさいよ、神様もそう言っています」的な事を言うのです。


社会発達庁主催なので・・・・・・・・。


いかにもイケイケ系若者でショッキングピンクのテロテロしたシャツを着た黒人アーティストも「学生ども勉強しなさい」って言ったかと思うと、「独り身の女の子手あげてー。どうしてこんなに独り身の子がいるのか、ここには男がいないのか。信じられないな!!!」とか言うのです。


そして、ロックやドメスティクバイオレンスについての歌をうたうのです。

若者たち(多くは中高生)は手を挙げてノリノリで騒いで踊るのです。
b0208803_75916.jpg


もう、違和感ありすぎで・・・・・・その違和感に惹きつけられまくりでした。


そして最後には、省庁のトップの方々の挨拶があり、

紙吹雪による演出と花火が沢山あがり終了。その時は、もう夜11時を過ぎていました。
b0208803_7112019.jpg

(この花火は去年の写真、今年は何だか演出の豪華さに圧倒されて写真撮るの忘れていました。)

省庁が何を目的としているのかは不明ですが、社会発達のアプローチ方法には色々あるのだな??と思いました。

なんか他に、お金を使うべきことは沢山ある気もします・・・・・・

お祭り騒ぎで、『勉強しなさい、良いことしなさい』と啓蒙活動をしていましたが、次の日から何人の若者が勉強しよう!!!!!って思ったか疑問??????!!!!!です。


色々な意味でホント興味深いコンサートでした。
[PR]

by power_of_youth82 | 2012-03-17 06:11

トランスメディア提供アイコン01 カシューナッツと消火器

今年もマラニョンという果実の季節がやってきました。
b0208803_525197.jpg

去年は、地面いっぱいに転がっていた実ですが今年は不作の様であまり出来ていません。
b0208803_4533678.jpg


このマラニョンの実の下にある三日月の形の種は、実はカシューナッツだったのです。

知ってました??!!

と言うことで、去年のことですがフライパンで実を炒ってカシューナッツづくりをしました。
b0208803_510721.jpg

部屋中が火事みたいな煙になりながら一生懸命つくったのがこれ。
b0208803_5183370.jpg

明らかに失敗でした。 が、カシューナッツの味はしました。


ところで、パナマでみつけた消火器。 ド デカイ。
b0208803_5211228.jpg

火事場の馬鹿力を想定してのサイズでしょうか??!!
[PR]

by power_of_youth82 | 2012-03-15 04:40

トランスメディア提供アイコン01 まだまだあります驚くpanama

最近は強風が吹いているパナマ。

涼しくて気持ちいいーーですが・・・・・・

この間、家に帰ると部屋とトイレの天井が落ちていました。風のせいで・・・・

天井といっても、発泡スチロールで出来ているので危険はないですが・・・・・

なんてモロイ作り。 パナマです。025.gif

パナマ人が前に「私たちは風に吹き飛ばされないために太っているのよ」言ってたけど・・・・

ホント、強風。




そして昨日、自転車が盗まれてしまいました。

それも、職場の建物の中で、鍵をフェンスにくくっていたのですが・・・

工具でフェンスを三か所切り持っていかれました。

近くで見ていた職員もいたそうですが。

「犯人があまりにも落ち着いて、鍵付近をいじって、笑顔で自転車に乗っていったので貸したのかと思った」といっていました。オイオイ・・・・

この、堂々とした犯行。  パナマです。025.gif

そして、おそらく建物の中まで工具を持ってきたということは、以前からそこに自転車があるのを知っていた人です。

おそらく特別支援学校内に、しばしば来ている人の犯行です。  パナマです。025.gif

忘れかけていたけど、ここはパナマです。窃盗は頻繁にあるのです。

きっと窃盗することに、そんなに罪悪感も怯えもないのです。

これからは、もっと注意しないと。



そして、早速職場の人から中古の自転車を購入。

今日の通勤中に、チェーンが外れて足を打撲。

なんて、モロイ自転車。 パナマです。025.gif

盗まれた自転車は日本製だったからな・・・・・・・・・・・・。悔やまれる。



b0208803_12224322.jpg


最後に、最近新たな果物をもらいました。 「木のパン」というここれ。

栗の甘味を少し減らしたような、懐かしい味。

美味しかった!!!

そして次の日、お腹を下しました。  パナマです。025.gif



最近、ちょっとついていない自分に、カウンターパートが「蜂蜜で体を洗うと幸運が来るわよ」とアドバイスしてくれましたが・・・・・・・。

幸運ではなく、大量のアリが来そうなので遠慮することにします。 パナマです025.gif
[PR]

by power_of_youth82 | 2012-03-13 11:58

トランスメディア提供アイコン01 東日本大震災から一年

昨日、パナマシティでタクシーに乗って運転手と話をしていると、「日本は大きな地震と津波があったけど、その時は君は日本にいたの??」と聞かれました。

一年過ぎようとしている今でも、時々こんなふうに聞かれることがあります。

そして、「でも日本は凄いから、もう完全に復興したでしょ」と言われます。


「そんなことないよ、問題は沢山あるし、経済も落ち込んでいる」と答えるものの、、、、、


一年前の、そして今の日本の現状を実際には知りません。時々、ネットで地震関連のニュースを読んで得た情報ぐらいしかわかりません。

でも、この一年で、どんどん削減されていくjicaの経費など、日本の状況の深刻さは伝わってきます。

遠く離れた地にいるぶん、日本の事を度々意識し、地震の事やそれに伴う様々な問題を度々思い出し心を痛めています。、いち早い問題の解決や 被災地や被災された方々の傷が少しでも癒えることを願っています。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

パナマ人から見た日本は無敵な経済大国のようですが、その印象と実際の日本にはズレがあるように思います。

日本の中からみた日本。外から見た日本。 その差異について考えた一年でした。

やはり世界の中の日本は、パナマ人の印象とは異なり深刻な状態だと思います。


そんな日本の税金を使って、海外で安全に活動させてもらっていることを胸に留めて、自分に出来ることを確実に行っていこうと思います。
[PR]

by power_of_youth82 | 2012-03-11 05:51

トランスメディア提供アイコン01 省庁本部で会議

首都にある省庁本部が開始する,「地域に根ざしたリハビリテーション」プロジェクトの初回セミナーでの講義の依頼を受けた。

活動中間報告の内容を受けて、省庁の方から声をかけてくださった。

中間報告は、密かに省庁本部との活動コラボレーションを狙いにした内容だったため、嬉しい誘いだった。

しかし、大きなプロジェクトのキックオフ的な場であることや、依頼された内容の意義等にも不安があった。

内容を意味あるものにすべく、事前打ち合わせに、同省庁に努める他ボランティアと省庁を訪問。


打ち合わせは、プロジェクトの発案者である省庁に務める理学療法士さんが対応してくれた。もちろんパナマらしき大まかな内容であったが、予想していたよりもビジョンはあり、何よりも現在の地域のリハビリを変えようと意欲と行動力に心うたれた。


その後、jica事務所にもプロジェクトの内容について報告をし、継続介入していくべきか検討していくことになった。


これから同省庁に務める他ボランティア2人と一緒に色々な活動をする機会が増えていく。本当に心強いなったと思った。



さぁーーー何はともあれ、キックオフのセミナーを良いものにすべく頭をひねろうと思う。



今まで、休日に田舎訪問したこと、勤務時間外に任地で家庭訪問していたこと、休みの日に玩具を作っていたこと、もちろんしゃべる力upの日本語教室などなど、自分の中で様々なことが統合できて新たな活動のチャンスや視点が生まれてきたな~~~~と感じた一日だった。


限られた時間の中で出来ることに制限はある。色々な事に挑戦すれば、忙しい時間が増えてきて、おのずと努力が必要になる。

最近は、毎日時間に追われている。

でも、まだまだ、努力が足りないと日々感じる。


というか、もっと出来るはずだ。

とりまく現状を言い訳にして、自分にブレーキをかける事はしたくない。

努力していけば、今まで見えていなかったことが見えてくる。そして、あまり頑張っていかなった自分にも気づく。

もっともっと努力していくこと、そしてもっと違う視点で物事に気づけるようになること、それが今の目標。


頑張る。



全然関係ないけど、首都のバスターミナルの写真載せます。
b0208803_2411157.jpg
b0208803_2484883.jpg
b0208803_2594256.jpg

[PR]

by power_of_youth82 | 2012-03-09 01:28